Produced by

たかひで

Author:たかひで
三重県出身19歳


Initial of 五七五


Recent articles


Monthly articles


Calendar

07 | 2017/08 | 09
sun mon tue wed thu fri sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Weather



ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に更新しようそうしよう

あー、早く五七五やめたい。話は変わりますが、人はみな、エレベーターに乗ると階数表示を見ます。サラリーマンが赤の他人同士5人ぐらいでエレベーターに乗り合わせて、沈黙の中全員が階数表示を見ている、これは絶景ですよ。まぁ確かに今何階におるんか知りたい気持ちはあるよ、でもあそこまで真剣な眼差しで見つめんくてもええと思うけどな。沈黙の中、いい歳したサラリーマンもみんなそれぞれ心の中で思ってるんです。間違えて停まるはずの階を通り過ぎたりせんかなって。この時ばかりは少年の心に戻るんですよ。ガン見しているのにはそれなりの理由があるんやな。逆に中学校とか高校とかで校内放送が流れるときにみんな一斉にスピーカーを見るのは、あれは全く意味がないね。
スポンサーサイト

ひっさしぶりの更新です。今日ハイレモンを買いました。そうです、ヨーグレットの連れです。でも良く見たらハイレモンじゃなくて、『ハイレルモン』でした。つまりは・・・

頑張れば第一志望にハイレルモン

ってことですね。もうそんな時期かぁ。受験生にはホント頑張ってもらいたいね。てか今年も五七五で行くっぽい切り出し方になってしまいましたが、とりあえずあけましておめでとうございます。

今日は英語スピーキングの授業が休講でした。その英語の授業は先生が外国人で、授業は全て英語で行われます。周りはほとんどみんな帰国子女ばっかりで、ちゃんと聞き取れてるみたいです。なんか先週、「来週は休講ですよ」って言ったみたいです。英語で。当然、俺は今日出席しました。教室にはほとんど人はいなくて、帰国子女じゃない人だけ出席していました。俺は全てを悟りました。誰とも言葉を交わさずに教室を後にしました。先生が喋ってた英語はわからなくても、教室の様子を見て理解する。こういうのをボディランゲージっていうんだなぁと思いました。

ねぇ誰か次の企画を考えて

五七五の次の企画をね。

更新してなさすぎ?はい自覚してます。あの、提案があるんですけど、提案ってか個人的な希望なんですけど、

五七五そろそろやめていいですか?

このブログを始めて松尾芭蕉の素晴らしさに気付きました。よく何でもかんでも五七五にできるなぁ。てかよくそれを楽しいと感じられるなぁ。俺、全然おもんないわ。もし松尾芭蕉が生きてたら・・・ブログ界のリーダー的存在は眞鍋かをりではなくて松尾芭蕉になっていたに違いない。そしてブログのタイトルは「松尾芭SHOW」になっていたに違いない。ちなみに芭蕉は三重県出身です。その他に三重出身の有名人といえば磯野貴理子ぐらいしか思い浮かびません。

明日から12月や。師走ですよ。シワスですよ。あの小さい魚ね。俺は基本的に魚は嫌いなんやけどさ、あぁいう小さいのは食えるよね。なんていうか、魚のどこが嫌いかっていうと皮がぬるぬるしてるところが嫌いなわけ。やからあぁやって小さかったらぬるぬるしてないやん。やから良いよね。あ、それはシラスか。間違えた。もう、何か無駄に長々と書いちゃったやんか。誰か「間違えてるよ」って知らせてくれたら良かったのに。シラスを知らす。今日も五七五書かなあかん?ええよな?今日ぐらいええよな?別に誰も楽しみにしてないしええよな?めんどくさいしええよな?よし、おっけー。

いやー、焦ったね。さっきエレベーターに乗ったら後ろからまたメガネのお兄さんが乗り込んできた。昨日とは違う人なんやけどさ、でも俺には昨日のトラウマがあるわけ。あとさ、関係ないけど一般的に「のっぽでメガネで髪が長い人」ってさ、道ですれ違いざまに激しく斜行してきてぶつかりそうになることが多くない?俺だけかなぁ。で、俺はその人がエレベーターのボタンを押している隙にその後ろに回り込んだわけ。そうすればガン見されることはないっしょ。もしこれでガン見してきたら訴えてもいいやろ。そう、昔の人は「備えあれば患えなし」という名言を残しました。熊田曜子も「事前に確認しなきゃね」という名言を残しました。予め後ろに回りこんでおけば、トラブルを避けることができるのです。こうして俺は無事エレベーターを乗り終えた。

あらかじめ転ばぬ先の杖をつけ

ネタがないなら無理に更新しなけりゃいいのにね。

エレベーターで真面目そうなメガネのお兄さんと二人きりになって、その人が明らかにこっちをガン見してることに気付いたときは一体どうすればいいんですか。日本にはおばあちゃんの知恵袋みたいなものがいっぱいありますよね。例えば「風邪をひいたときは水分を摂って早く寝ろ」とかね。でも「エレベーターで真面目そうなメガネのお兄さんと二人きりになって、その人が明らかにこっちをガン見してることに気付いたとき」はどうしたらいいかなんて聞いたことないんですけど。それについて何か考案した人はいないんですかね。そんなときの対処の仕方も書いてないとか、まじダメやなこのエレベーター。このエレベーターも姉歯建築士が作ったに違いない。なんかふざけた文章になってしまったけどさ、実際あのお兄さんがこっちをガン見してたという事実は大問題やんな。俺が3階やのに階段を使わずにエレベーターを使ったからか?

そんだけでガン見せんでもええのにさ

エレベーターに何で「3」ってボタンがついてるかを考えるべきやわ。3階に行く人のためやないか。じゃあ乗る権利あるやろ。てかお前が押したボタンも「4」やったやないか。人のふり見て我がふり直せや。まぁ実際そんなにキレてもないんですけどね。ただブログのネタがなかったからこんな小さいことも仰々しく言ってみただけで・・・大変ですよ、ブログって。

古本屋で蛭子能収が描いたマンガを見つけました。

そういえば蛭子さんって漫画家だ

彼が漫画家ってことは月に1回ぐらい確認しないと忘れてしまいますね。今日はその確認作業ができてとてもよかったです。それよりももっと嬉しかったのは、そのマンガ、定価900円って書いてあるのにその古本屋では1200円で売ってるんですよ。え、なに、蛭子さんプレミアついてんの?しかもたったの300円。あぁ嬉しい。まぁ俺はそんなもの買うぐらいなら盲導犬の募金に協力しますけどね。今日は結局リップスライム著の小説を買いました。

それはまさに奇跡やった。最初の奇跡は俺がメッセにサインインしたこと。これは実に珍しいことなんよね。するとマグネット山下からメッセージが。『今から飯食いに行こう』。もう夜の12時やけど明日から7連休。『暖かい格好して来て』って言われたからジャージを一枚羽織って外に出た。『なめとんのか』と言われて部屋に戻る。手袋と靴下を2重にして装着した。スウェットの上にジーパンを履いた。速水もこみちよりもモコモコのジャンパーを着た。マフラーを巻いた。伊達めがねをかけた。もう厚着を通り越してコスプレですよ。横浜市内で今すぐ南極に行っても大丈夫なのは俺らしかいなかった。そして彼のバイクの後ろに乗せられて出発。終電から降りて家路を急ぐサラリーマンを尻目に出発。彼らは明日も平日、出勤ですよ。俺らだけやで7連休は。そんな優越感に浸りながら出発。行き先は・・・なんやっけ、初めて聞いたとこやったから名前忘れたわ。とりあえず静岡との県境のほうね。とにかく速かった。速水もこみちより速かった。そしてとにかく寒かった。寒さで口が麻痺して喋れへんのよね。口を閉じる力が全くなくなってる。人生で一番よだれが出た夜やった。同じ液体でもそれを『つば』って呼べば「ペッって吐く」感じ。『だ液』って呼べば「消化作用バッチリ」な感じ。『よだれ』って呼べばもう「たれざるを得ない」感じがするよね。そんなこと考えてるうちにバイクはさらに先へ。厚木を通り越してどんどん進んだ。注目すべきはなんで今の文章を赤文字にしたかってことね。もうこのダジャレのためだけにこの色使いでブログを始めたと言っても過言ではないわ。いや、ごめん過言やわ。途中でコンビニに寄って暖かいコーンポタージュを買う。最近のコーンポタージュは凄いね。最後の一粒まで出てくる加工が施されてるんよ。それをウリにして売ってるわけ。ホントに最後の一粒まで出てきた。しかしもう最後の一粒とか言う以前に、口が閉じないから意味ないの。何粒かこぼれてるから。でも俺はもともとコーンポタージュに暖かさ以外なにも求めてなかったから気にしないっす。さらに進む。心霊スポットの山道の話は割愛。そして着いたよ。山の上に。下を見た。絶句。夜景。キレイ。やばい。もう涙出そうやった。プラネタリウムを見下ろしてる感じやった。ここから見える明かりは全て人が作り出したもの。でもこの夜景を作り出すために作ったものではない。この夜景は人々の個々の営みが作り出した絶景。まさに『天然の人工』やと思った。ホントにキレイやった。何も申し分はない。あるとすれば横にいるのが男ってことだけ。いやしかしホントに感動したよ。田舎を出てもうすぐ1年が経つけど、都会に来てから見たものの中で一番目に良いものやと思った。

今日は五七五どころじゃありません

この一句の素晴らしいところは、その内容を字数が物語ってるとこやな。下の記事で、わ行を達成して喜んでたらコメントに「未分類がまだじゃん」って書かれたけどそれを見事達成。あぁ、しかしホント昨日(今日?)は最高やったわ。ありがとう、たくじ君。

さぁついに今日完結します。わ行です。皆さんは『わ』は何の『わ』かな?和田アキ子かな?わらび餅かな?笑い飯かな?といろいろ思いをめぐらしてこのページを開いたことでしょう。ほんとにそんな人がいたらメールください。粗品を差し上げます。それでは発表します。

ワラビーに足を蹴られたことがある

ワラビーに限らずだいたいどんな動物でも俺を見ると襲いかかってきます。駅前にいっぱい居るハトとか地元の友人Sくんの家の犬とか、いろいろ居るんですが、その最たるものは奈良公園のシカですよ。あいつらは全然空気読めてないですよ。シカの頭には空気なんて概念はありませんよ。普通、空気と言ったら窒素が約80%と酸素が約20%から構成される混合物のことを指し、その気圧や体積は気体の状態方程式pV=nRTから求めることができるんですが、シカにはそんなこと全く関係ないみたいですよ。シカせんべいのことしか頭にないみたいですよ。窒素0%のシカせんべい100%ですよ。pV=シカせんべいですよ。ところでこっちの人って奈良公園行くんですかね?関西では遠足の定番です。人間が金出してシカせんべいを買ってそれをシカに食べさせるっていう理不尽極まりない営みが続けられています。それでいて食い終わると結局襲いかかってくるっていう。明らかにこれは『襲いかかられ損』ですよ。シカめっつらでシカってやりたいですよ。シカし結局シカえしされるからシカたないですね。かくかくシカジカでシカトしてやりましょう。まぁ何が言いたいかって俺は小学生のとき間違えてシカせんべい食って激しい腹痛に襲われたってことですよ。

未だにら行わ行の五七五がひとつもないことに気付いたので今回と次回で制覇します。そのためだけに無理やり五七五考えます。

『らっかさん』昔は人と思ってた

あと『ふじさん』ね。

更新したい気持ちは山々なんですけどネタがないので、とりあえずカープって書いてあったとこを全部東横線に変えました。別に電車マニアのブログじゃありません。

とりあえず日吉を俺に変えてみた

とりあえずとか言いましたが制作に3時間要しました。どんだけ暇やねん。あ、日吉といえば、今日電車降りるときにふと思いついたネタを聞いてください。
ヒヨシです・・・特急が停まらんとです。

最近サボリ気味なので今日は長い文章を書こうと心に決めて今パソコンの前に座りました。いやー、しかし寒いですね(ありがちな切り出し方)。あまりに寒いのでサムイサムイ連呼しているといつも決まって4組の有名人の名前を思い出します。SUM41、サムシングエルス、サムソン・リー、そしてSAMです。このうちSUM41以外の3組は、名前を出しただけで苦笑いが聞こえてきてもおかしくない人ばかりです。今日はこの人たちについて語りたいと思います。まずはサムシングエルス。日本語には『一発屋』という言葉があります。しかしもうそんな言葉を使う必要はありません。なぜならこれからは一発屋のことを『一発屋』と言う代わりに『サムシングエルス』と呼べば良いからです。用例:ダンディ坂野ってまじサムシングエルスだよね。さて次はサムソン・リーです。長髪をなびかせて投げる姿は素敵でした。来日初登板のとき、先頭打者の元木にいきなりホームランを打たれていたのを今でも覚えています。長髪がしなびて見えました。そんな彼の第一印象は『投げ方がワンポイントっぽい』でした。最後はSAM。TRFの一要素の彼です。彼が安室と離婚したというニュースが流れたとき、『あれ?まだ離婚してなかったんだ!』と思った人の数は、人生で一度は先生のことを間違えて『お母さん!』と呼んでしまった経験がある人の数と同じぐらいはいると思います。彼は離婚するべくして結婚していました。そしてこの前テレフォンショッキングに出ていました。はい、サム系統の話はここで終了。最後に食べ物の話。

取り過ぎたビタミンCと乳酸菌

うまいものには絶対無駄に多く入ってます。だいたいレモン味で売り出してるお菓子はそのうちヨーグルト味も新登場してくるよね。そして両方うまい。よーし、結構長く書いたからしばらくは更新せんでもええかな。あ、どーでもいいけど、キャラメルと餅とカール、この3つの食べ物は俺の中で『おいしい』という長所が『歯に付く』という短所を克服しきれてない気がしてなりません。

今日俺に絶妙なツッコミどころを提供してくれた友人番度くんに敬意を表します。番度くんの発言↓
『あいつタバコやめたらしいよ。あいつ・・・なんだっけ、えーっと・・・

あいつだよ、品川庄司の太いほう』

どっちや!!!

デジャブログを作り始めてからデジャブがなくなった・・・これはあれか。今年の春に鼻炎薬買ったら花粉症治ったのと同じ仕組みか。

今見たら松崎しげる黒すぎる

うちに遊びに来る人は必ずを忘れて帰るのは何故ですか。ひとり暮らしなのに5本も傘あるんですけど。鼻炎薬と傘の多さには定評があります。

2時に目が覚めました。とにかく腹が減っていることに気付きました。がっつり食いたいと思いました。でも着替えるのはめんどくさいと思いました。さて俺はどこへ食べに行ったでしょう。今までのブログの記事をヒントに当ててみてください。

さて俺はどこで昼飯食べたでしょう

正解は食堂『食堂』でした。以前にもこのブログで紹介して大反響を生んだ、食堂という名の食堂です。シュールな外見とは対照的に店の中では明らかにいい人そうなおじさんが笑顔で接客してくれます。他に客は誰も居なかったので、おじさんは俺に話しかけてきました。会話はそれなりにはずみました。そこで俺は思いきって聞いてみました。『ここの店って何ていう名前なんですか?』 その質問を言い終える前におじさんはこう即答しました。『メンズクラブ』 俺は口の中の親子丼のニワトリ親子を吹き出しかけました。店の看板には食堂としか書いてありません。俺はこう聞きました。『メンズってことは男専用の店なんですか?』 おじさんはこう答えました。『いや、ラーメンのメン』 おじさんの話によると、本当はラーメンとかそばとかの専門店をやりたくてこの店を作ったそうです。しかし店が出来てから調理場があまりに狭すぎることに気付いてドンブリ専門店に変更、しかしすでに名前はメンズクラブとして提出してしまったため今さら変更するわけにもいかず、しょうがなく店の前には『食堂』という看板を出したそうです。俺はその話を聞きながら、これはブログのネタになるぞとひとりで興奮していました。みなさん、メンズクラブに行ってやってください。

関東はたこ焼き屋が少ないですね。いや前から気付いてたけどね。こっち来て1週間で気付いたけどね。改めて今確認します。少ないですよね。地元ではそこら中にあったのに。俺の高校の近くのたこ焼き屋には、普通のソース、しょうゆ、カレーソース、塩だれ、キムチソース、っていう風に5つの味のソースがあった。いや俺はそこのおっちゃんに『どのソースにします?』って聞かれて『デラックスで!!!』って答えたけどな。『え・・・デラックス?』って戸惑うおっちゃんに『デラックスとは全部のソースをかけることです』って説明したけどな。ホントに全部かけてくれるからあのおっちゃん好き。次の日は『たこ焼き4ヶ150円』って書いてあるの見て『たこやきよんけください』って言ったけどな。ホントに4ヶくれるからあのおっちゃん好き。

たこ焼きが食べたい食べたい食べたいよ

最近五七五が適当?まだちゃんと五七五になってるだけ、昔めざましテレビでやってたユーミンの五七五のコーナーよりまともだと思います。

また今日デジャブった!もう我慢できないから作りました、デジャブログ。http://rhymer.blog21.fc2.com/です。

これからはデジャブる度に記録します

みんな来てね。左のリンクのとこから行けます。

俺は酔っても記憶飛ぶことは滅多にないんですが、眠いときの記憶はことごとく飛びます。そんな俺が3日間で4時間しか寝てない場合、どうなったかといえば、今日横浜から帰るとき乗り過ごすのを覚悟で電車に乗った瞬間眠りに落ちたと思ったら、目を覚ませば日吉駅のホームのベンチで横になって寝てました。最初は状況が全く理解できませんでしたが、どうやら寝たまま電車から降りるという神技を成し遂げたっぽいです。そしてベッドっぽい形のものを見つけたからそこに横になったけど、特急が通過する音で起きたっぽいです。ちゃんと日吉で降りてるあたりがポイントです。起きたとき、7人掛けぐらいのベンチの真ん中の5人分を占領してて、残った両端にひとりずつサラリーマンが座ってました。なんたってまだ昼の2時です。ベストオブ場違いです。俺がどんな顔で、てかどんな歩き方で電車から降りたのか、目撃者はご一報を。

日吉駅寝る子は育つ昼下がり

そーいや昨日またデジャブった。しかもかなりレベル高かった。3日以内にきたらデジャブログ作るとか言ったけど、4日目にきました。

今日はうまい棒について書きます。なんでいきなりうまい棒について書こうとしたのかは気にしないでください。うまい棒というのは、その名の示すとおり、棒がうまいんです。俺が人生で始めてうまい棒を食ったときの感想は『うまっ』でした。それ以来、うまい棒を食べまくりました。そんな俺を見ておばあちゃんは『そんなもんばっか食べてたらアホになる』とか言って『うまい棒禁止令』を出しました。うまい棒は食べてはいけないことになりました。それと同じころ、『そんなもんばっか見てたらアホになる』とか言って『クレヨンしんちゃん禁止令』も出ました。この話はこれ以上発展しないので俺が高校のときの話をします。ローソンのうまい棒売り場の上に手書きの広告が貼ってありました。絵が描いてありました。『新しい味が出たよ』ってうまい棒をくわえたドラえもんが言っています。おいちょっと待てよ。うまい棒のパッケージには確かにドラえもん系のキャラが天真爛漫に振舞っているけど、あれは厳密にはドラえもんではないやろ。似てるのは認めるけど、厳密にはドラえもんではないやろ。この話もこれ以上発展しない気がするのでもうやめます。

うまいぼう逆から読むとうぼいまう

梅おにぎり味って最近出たけど、あれ全然梅おにぎりの味しないよ、ドラえもん。

旅がしたい。砂漠みたいな何もないところをところを少人数でひたすら歩く。出来れば動物も一緒に。かわいいやつね。あと脱走とかしないやつね。二度とは来ない人生の猶予期間を、こんなトランプの大富豪のルールごときでいちいちもめるような国で過ごすのは嫌やなぁと思って。世界観変えたいわ。結構本気です。

ご一緒に行きたい人はメールして

メンバーが集まり次第、出発します。

今日またデジャブった。テレビで永井大が喋ってるのを見てたら来たよ。デジャブ専用のブログ作ろかな。デジャブログとか言って。3日以内にまた体験したらホントに作ろ。それはそうと、俺の悩みを聞いてください。先輩とかにめっちゃ遠くで発見されて手を振られたときはこっちはどんなリアクションを取ったらいいんですか?先輩に向かって手を振るわけにもいかんし、かと言って会釈するだけじゃ向こうに認識されるとは思えないほど距離があるし・・・なんか面白い動きをしてウケを狙うしかないんかな・・・あと先輩に『おやすみ』って言われたときもなんて答えていいんかよくわからんし・・・まさか『おやすみなさい』じゃないよな・・・あとせんべいとかのサラダ味ってのもよくわからんし・・・あれってドレッシング味って言ったほうがふさわしいんじゃ・・・

そうやって僕らは生きてゆくんだね

あとかき氷のブルーハワイ味ってのも・・・ハワイの味・・・しかも青いほうのハワイらしいし・・・寝よ。

笑点の司会の円楽さんが入院した。実際俺は最近なんか様子がおかしいと思っていた。顔がなんか病気っぽいし滑舌悪いし、しかもそれが笑点を見るたびに悪化してる気がして心配していた。『俺は円楽が入院することを予想していた』なんて押尾学語録にありそうですが、俺は予想してました。早く元気になってほしいな。話は変わって、昨日ちょっと校長先生を登場させたけど、今日は日本の校長先生の在り方について語りたいと思う。それは俺が中学生のとき、社会の授業中、先生が『憲法第2条、天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって・・・』って言ったとき『ええよなぁ天皇は。何もせんでも笑って手振っとけば生活できるんやもんなぁ・・・』って思いながらふと窓の外を見たらそこには校庭の花に水やりをしている校長先生の姿が。そのとき俺は思った。あの人は校長先生じゃない!あの人は象徴先生だ!今日の記事に特に意味はありません。

校庭で校長今日も絶好調

たぶん校長先生もみんなの知らないところで頑張っているのです。あ、漢字をずっと見てると変な感じがしてくることはよくありますが、三宅裕司の顔をずっと見ていても同じ気持ちになれます。

レポートのせいで寝てない。理工学概論という授業は毎回ゲスト的な存在のおっさんがどこぞの大学から呼んでもないのに(←これは言い過ぎかも)やって来て自己満トークを繰り広げた挙句、それを俺たち学生が2000字のレポートにまとめるという形で処理しなければならない。あんなもん書かせて何がおもしろいんかわからない。レポートの存在によって喜ぶ人が誰一人としていないことを次に示す。学生→書くのめんどくさい。採点者→読むのめんどくさい。ゲストのおっさん→来るのめんどくさい。紙→もったいない。やっぱりこういう全く意味のないことは廃止にすべきやで。俺はこのことを小学校の始業式の校長先生のあいさつを初めて聞いた時ときから主張し続けてるというのに・・・

世の中は意味ないことが多すぎる

や行の五七五初めてなんですけど。嬉しい。それはそうと、今日思ったこと。理工学部には『野球やらせたら8番セカンドっぽい奴』が多い。

コンタクトありました。洗濯機の中にありました。ポケットから出すの忘れてそのまま洗濯したっぽいです。ひからびてました。ひからびるとはこのことを言うんだなと思いました。あんなにひからびた物を見るのは高2のとき以来です。高2のときに何を見たかは忘れました。でもひからびた物を見たことは覚えてます。見た場所が野球部の練習グラウンドの横のアスファルトの通路ってことも覚えてます。でも何かは忘れました。さてコンタクトの話に戻りますが、洗剤でキレイに洗われて今日は視界クリアでした。クリアな視界で世界を見るといろんなことを発見します。うちの近くに最近オープンしたばかりの食堂を発見しました。その名も食堂です。ネーミング的には俺の大好きな路線です。友達とその前を通り過ぎた後、入ろうかどうか迷っていると、その友達の『今入らなきゃいつ入るんだよ』という言葉に心動かされて、友達と一緒に入りました。店の中は普通でした。入った後のことは何ひとつおもしろいことが起きなかったので割愛します。

食堂は普通だからこそ食堂だ

日吉駅から徒歩3分、食堂『食堂』をよろしく。

最近ブログに載せるネタがない。と思ってたら机の上にあると思ってた俺のコンタクトレンズがない。どこに置いたか覚えてない。俺のは使い捨てじゃなくてずっと使うやつ。これは大変。これはネタになる。これでネタがないという悩みは解消された。と同時に今度はコンタクトがない。一般的に、コンタクトがないよりはネタがないほうが良い。やる気もなくなってきた。

しんぶんし逆から呼んでもしんぶんし

あー。まじ最近ろくなことがない・・・

つーわけで例の嫌な思い出の話。俺が中学生のとき、俺らが使ってる校舎の横には建ったばっかりのピカピカの校舎があった。その校舎は俺らの学年が卒業すると同時に使い始める予定っていうまじでタチ悪い校舎。そして休み明けの始業式でその校舎についての紹介文を3年生の中の誰かが読むことが決まっていたが、立候補者が居ないため、誰かが罰ゲーム的なノリでやることになるであろうという予想がされていた。そんなある日、体育祭で踊るダンスの練習のために新校舎に入れる機会があって、みんなで入った。初めての新校舎っつーわけでみんなテンションが高かった。その中でも特にテンション高かったのは、今の俺の姿からは想像できないほどオチャメやった当時の俺。この後に悲劇が起こるとは想像もせずはしゃいでいた。新校舎は広々としててまじで何もなくて、その代わりこれからいろいろ物を運ぶために台車だけが置かれていた。そして当時世間では『波乗りジョニー』っていう曲が流行っていた。そうなったらやることはひとつ。意味不明なテンションの俺はその台車に乗って『波乗り~♪』とかやり始めた。そして意味不明なテンションの俺は意味不明なスピードで台車を走らせた。そして目の前に物置のドアが迫ってきたとき、俺は台車の上でブレーキがないことに気付いたが、すでに遅かった。そのまま出来たばっかのためまだ誰ひとりとして開けてないであろう物置のドアに突撃。いきなり破壊。その瞬間、休み明けの始業式で新校舎の紹介文を読む人が決定した。すべて桑田佳祐のせいやと思った。

波乗りはお水の上でやりましょう

全然関係ないけど今日思ったこと。不動産屋さん、『徒歩3分』とか言うけど、俺は競歩の選手じゃないです。

昨日予告した新校舎の話は明日にする。今日はそんなアホな記事を書いてる場合ではないほど感動した。今日は神宮球場へ今季限りで引退する野村謙二郎の関東での最終試合を見に行った。野村といえば、俺が物心ついたときからカープの主力選手やったわけで、やから俺が大好きなカープには常に彼が存在してたわけである。そんな野村の最後の勇姿を見届けようと、同じくカープファンの先輩と2人で足を運んだ。ここはヤクルトの本拠地やのに、ヤクルトファンの倍ぐらい集まってたカープファンにまず驚いた。そして試合も中盤となり野村が代打で出てくるであろう場面の直前に、誰が作ったのか『17年間ありがとう野村さん』って書かれた真っ赤な紙が何百人もおる応援席に配られた。俺と先輩も1枚ずつ手に取った。そしてついに代打野村がアナウンスされ、全員がその紙を掲げて声を合わせて『けんじろー!』と叫んだ。レフトスタンドがひとつになった瞬間やった。そしていつもの応援歌。『赤い闘志燃やせ~赤い旋風巻き起こせ~勝利目指して駆け抜けろ~走れ野村謙二郎~♪かっとばせー野村!』ずっと慣れ親しんできたこの応援歌をみんなで歌うのもこれが最後かと思うとまじで泣きそうになった。すごい声援やった。しかし野村はサードフライ。それでも巻き起こる大きな拍手と飛び交う『ありがとう野村!』の声。ヤクルト側の応援席からも大声援と拍手が起こった。本当に本当に感動した。試合は13対4で圧勝した。

謙二郎夢をたくさんありがとう

明日からはまたいつも通り全然感動しない話を書いていきます。

今から塾講のバイトです。俺が授業をするに当たって、ひとつだけ絶対にやってはいけないと心に決めていることがあります。それは、赤で板書した文字を『あ、間違えた』とか言って簡単に消さない、ということです。『ペンで書いちゃったじゃねぇかよ!』ってキレられるからです。俺自身も中学生時代、平気で赤いチョークを消す先生は人道的に間違っていると思ってました。学校で気に食わないものといえば3つあって、『平気で赤いチョークを消す先生』と『俺らが卒業すると同時に使い始める予定でそびえ立っている新しい校舎』と『英語のワークの隅でやたら楽しげに解説している動物たち』でした。2つ目に挙げた新校舎には、まじで嫌な思い出があるので明日それの話をします。

つーわけで今から塾講頑張ります

頑張ります。

今日はスーツデイやのにニャンちゅうを見掛けなかった。よく意味がわからない人は、一晩中ずっと深夜番組を見てても浅草キッドを見掛けないときの雰囲気を思い浮かべてくれたら良いと思う。よけい意味がわからないですか。三重テレビで8回連続で流れる変な大仏が出てくるCMと比べてどっちが意味わからないですか。さて、今日は寝坊について語ろうと思います。高校は皆勤の俺でも大学は寝坊しまくり。寝坊には一般に2種類あって『いつのまにか目覚まし時計もケータイのアラームも止めてある。覚えてないけど』ってパターンと『一回起きたのを覚えてる。そして二度寝したことも覚えてる』ってパターンです。前者はもう救いようがないですが、後者は何とかなりそうなんです。しかも多いのは明らかに後者やし。そこで後者のパターンを再現して検証したいと思います。まず目覚ましの音で起きます。この時点で自分の中で葛藤が始まります。起きないといけない、でも眠い。ここで致命的なのが、寝起きやから自分の頭が弱ってるってことです。要するにアホなんです。なんか知らんけど寝てても大丈夫なんじゃないか的な根拠のない自信が生まれてくるのです。そうなるともう負けです。人生の負け組です。次に目を開けたときにはテレフォンショッキングによくわからない俳優が出てる時間帯です。まとめ。二足歩行して洗面台にたどり着くまで気を抜いてはいけない。家に着くまでが遠足です的な感じで、顔を洗うまでが睡眠です。

真剣に良いお目覚め法募集中

いいともが終わってごきげんようが始まるときのあの虚しさが、これから始まる一日に対するモチベーションを下げるのです。

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。