FC2ブログ

Produced by

たかひで

Author:たかひで
三重県出身19歳


Initial of 五七五


Recent articles


Monthly articles


Calendar

10 | 2018/11 | 12
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Weather



ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は英語スピーキングの授業が休講でした。その英語の授業は先生が外国人で、授業は全て英語で行われます。周りはほとんどみんな帰国子女ばっかりで、ちゃんと聞き取れてるみたいです。なんか先週、「来週は休講ですよ」って言ったみたいです。英語で。当然、俺は今日出席しました。教室にはほとんど人はいなくて、帰国子女じゃない人だけ出席していました。俺は全てを悟りました。誰とも言葉を交わさずに教室を後にしました。先生が喋ってた英語はわからなくても、教室の様子を見て理解する。こういうのをボディランゲージっていうんだなぁと思いました。

ねぇ誰か次の企画を考えて

五七五の次の企画をね。
スポンサーサイト

つーわけで例の嫌な思い出の話。俺が中学生のとき、俺らが使ってる校舎の横には建ったばっかりのピカピカの校舎があった。その校舎は俺らの学年が卒業すると同時に使い始める予定っていうまじでタチ悪い校舎。そして休み明けの始業式でその校舎についての紹介文を3年生の中の誰かが読むことが決まっていたが、立候補者が居ないため、誰かが罰ゲーム的なノリでやることになるであろうという予想がされていた。そんなある日、体育祭で踊るダンスの練習のために新校舎に入れる機会があって、みんなで入った。初めての新校舎っつーわけでみんなテンションが高かった。その中でも特にテンション高かったのは、今の俺の姿からは想像できないほどオチャメやった当時の俺。この後に悲劇が起こるとは想像もせずはしゃいでいた。新校舎は広々としててまじで何もなくて、その代わりこれからいろいろ物を運ぶために台車だけが置かれていた。そして当時世間では『波乗りジョニー』っていう曲が流行っていた。そうなったらやることはひとつ。意味不明なテンションの俺はその台車に乗って『波乗り~♪』とかやり始めた。そして意味不明なテンションの俺は意味不明なスピードで台車を走らせた。そして目の前に物置のドアが迫ってきたとき、俺は台車の上でブレーキがないことに気付いたが、すでに遅かった。そのまま出来たばっかのためまだ誰ひとりとして開けてないであろう物置のドアに突撃。いきなり破壊。その瞬間、休み明けの始業式で新校舎の紹介文を読む人が決定した。すべて桑田佳祐のせいやと思った。

波乗りはお水の上でやりましょう

全然関係ないけど今日思ったこと。不動産屋さん、『徒歩3分』とか言うけど、俺は競歩の選手じゃないです。

今日最初の目覚めは7時半。『あと10分くらいは寝てても大丈夫』と思った俺はもっかい目をつぶった。次に目を開けたとき、8時50分。『もう1限は間に合わんやん。どーせ遅刻するなら30分ぐらい遅刻しても変わらへん』と思った俺はもっかい目をつぶった。次に目を開けたとき、10時。『2限から出るか』と思った俺はもっかい目をつぶった。次に目を開けたとき、12時。『やってまった。そーいや今日って2アップの日やん』と思った俺は今度はもう起きる必要がないため安心して目をつぶった。しかし腹が減ってるため今度は眠りにつけない。ついに起床。起きなあかんときに寝る、寝てもいいときに寝れない、この理不尽なシステムにクレームをつけたくなった。果たしてずっと寝てた俺の今日の午前中の時間は無駄だったのか。決してそうではない。こういう過ごし方をしたことによって、最近書くことがなくなってきて困っているこのブログのネタが得られたのだ。

寝た寝た寝た得られたものはネタネタネタ

そういえば今日『体育』のことを『たいく』と言わずに(『クレープ』と同じ発音で)『たいーく』って忠実に発音してる人を見た。こっちをネタにすればよかったかな。そしたらやっぱ今日は起きたほうが良かったんかな。よし、明日は体育の発音について語ります。乞うご期待。

つーか下の記事、冬休みとか言ってるやん!しかもその下の記事のコメントのとこでも冬休みって言ってるし!なにやってんのやろ俺・・・これはまじで自己嫌悪に陥るわ。もちろんこれは誤植で、夏休みの間違いです。ガキのころはこの言い間違いが笑いの定番やったよな。そんなことで笑えたらパラダイスやし。あと定番といえば『明日学校あるー?』『学校はいつでもあるよー』『もぉ!じゃあ、明日授業あるー?』ってやつな。確かにこのネタを人生で初めて聞いたときは面白いと思ったよ。でもさ、誰かがそんな質問するたびに『いつでもあるよー』って答えてたらさ、さすがに色あせるよ。その時間はもっと有効に使えそうな気がするよ。そこに小学生が気付かずこのネタをリサイクルし続けるのはまさしくゆとり教育の産物と言えるよな。でもこうやって大学生になってバイトを始めた今、俺は似たような会話を耳にする。それは『いつもお世話になってます』『いえいえとんでもございません』『それでですね、話というのは・・・』という一連の流れ。最初の2つの『』の無味乾燥さ加減がさっきのガキの会話に酷似してる。どーせ何も考えないで礼儀として言うだけの中身のない言葉なら俺はこんな会話を提案する。『明日会社ありますか?』『会社はいつでもありますよ』『一本取られました、それで話というのは・・・』いかがでしょうか?さて、今日はで野球は中止。でもそれで良かったかもって人が約一名。なぜなら・・・

寝違えて首が左に回らない

現時点で、横浜市民の中で俺があっち向いてホイ最弱です。

今日、冬休みの美術のレポートを書くために美術館へ行ったんやけど、半蔵門線でmikitamと出くわした。mikitamとはシェルツのポケモンとしておなじみの、あのmikitamである。ミキである。あんなところで会うとは思わず、まじでびっくりした。ここで理工学部っぽいところを見せるために空気を読まずに『ミキと半蔵門線で出くわす確率』を計算してみる。計算を簡単にするためにミキは毎日半蔵門線を使っている半蔵門線大好きっ子(ポケモン ハンゾウモン)とし、四六時中半蔵門線に乗っていることにする。そしてそのミキの立場から俺に出くわす確率を計算しよう。さて、俺は今日生まれて初めて半蔵門線を使った。ということは今日俺が半蔵門線にいる確率はだいたい『19(年)×365(日)分の1』であるはずである。さらに同じ電車に乗る確率は1日に100本電車が出ているとして『100(本)分の1』、その上同じ車両に乗る確率は8車両として『8(車両)分の1』である。つまり求める確率はこれらの積となるので、計算してみると実に0.000018%!これって昨日のロト6で気の流れがどうとかほざきながら喜んでいる俺がアホみたいに見えてくるほどの逆天文学的数字!神様、こんなすごい確率をものにする力を僕にくれるならどうして昨日にしてくれなかったんですか。

乗らずとも奇跡は起こる気の流れ

明日は公式戦か。雨降るなー。

昨日友達とファンタスティポを見た。俺的にはあんな感じのわけがわからんほどシュールなやつは好き。アルマジロ社に入りたい。そーいやたくじが掲示板にURLを公開したにもかかわらず人が来ない!いや来てるんかもしれんけど誰も足あとを残して行かない!見て何も書き込まずに帰る人にはデッドボール当てるよ?ところで今俺の髪の毛は『ごはんですよ』並に黒いです。そうですバイト再開です。今日から塾講のバイトの勤め先が変わった。新天地は前より生徒の雰囲気が良い校舎でやる気が出た。でもこれからお世話になる英語の先生は割と美人やのにムダ毛の処理を完全に怠っていた。

人間にムダ毛がなければいいのにな

『キリンは高いところの草を食べるために首が長い』とか『シマウマは広範囲を見渡せるように目が横についている』とか言うけど、そんな都合のいいように進化できるんなら最初からムダ毛なんて生えてねぇよバーカ、と心の中で呟いた帰り道でした。そーいや眉毛って放置しといてもそれ以上は伸びへんのに切ったらちゃんと既定の長さまで伸びてくるのは何でやろね。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。